2005年07月03日

検索エンジンの種類

検索エンジンには、大きく別けて2種類の検索エンジンがあります。
一つは、Yahoo、DMOM 等のディレクトリ型検索エンジン、もう一つは、Google、msn などのロボット型検索エンジンです。
ここでは、このディレクトリ型検索エンジンと、ロボット型検索エンジンの特徴を説明します。


・ディレクトリ型検索エンジン

ホームページを、カテゴリに分類し、それぞれのカテゴリにあったホームページを手動で登録していく検索エンジンです。
Yahoo などのサイトを見るとわかりますが、「Yahoo!カテゴリ」という欄が、サイト下部にあり、その下に色々なカテゴリがありますよね。
基本的には、このディレクトリ型検索エンジンに登録したいホームページの持ち主が搭載依頼をし、そのホームページの内容をチェックする「エディタ」と呼ばれる人たちが内容を確認し、良いホームページであれば登録します。
検索対象になるものは、「カテゴリ」、「ホームページの名称」、「ホームページのアドレス」、「説明文」です。
その為、SEO で最適化を行う重要性はありません。

・ロボット型検索エンジン

登録申請があったホームページを「スパイダー」と呼ばれるロボットが自動で巡回し、そのホームページ内にあるリンクも巡回されます。
巡回して取得したデータ全てが検索対象となりますので、トップページのみではなく、その下の階層のページも検索対象となります。
Google などで検索をかけると、トップページ以外のページにリンクされていたりするのはこの機能のためです。
ロボット型検索エンジンがSEOの対象となります。

Yahoo などの大手サイトのディレクトリ型検索に登録されれば、もちろんアクセスアップは期待できますが、現在、Google 等、ロボット型検索エンジンで検索をする方も多く、この SEO 対策は非常に効果的なものになります。

なお、Yahoo などのディレクトリ型検索エンジンは、ディレクトリに検索対象がない場合は、ロボット型を使用し検索を行います。
Yahoo のディレクトリ型検索エンジンに登録されていないサイトが、Yahoo の検索結果に反映されるのはそのためです。

SEO 対策をしっかりと行えば、どの検索サイトでもある程度上位のヒットが望めるようになるのです。


人気ブログランキング応援お願いします♪

New! ブログランキング■ranQ■



posted by oya at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセスアップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4797499
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。